逆マーチンゲール法(パーレー法)とは?メリットやデメリットについて

逆マーチンゲール法とは

逆マーチンゲール法とは、勝負に勝った場合に賭け金を前回の2倍に増やしていき、負けた場合は最初の賭け額に戻す賭け方です。

負けた時に賭け金を2倍にしていく掛け方の「マーチンゲール法」の逆バージョンの手法です。

パーレー法とも呼ばれています。

賭け方が簡単ですので、初心者の方でも安心して使える攻略法です。

parley-method

逆マーチンゲール法:賭け方

①ゲームは勝率が50%のものを選びましょう。

逆マーチンゲール法は勝率約50%、配当が2倍のゲームで有効に使うことができます。

スロットやビデオポーカーなど獲得金額が変動するゲームには、この攻略法は難しいです。

おすすめは以下のゲームです。

•ルーレットの赤・黒

•バカラ

•ブラックジャック

②リセット(初回のベッド額に戻す)までの連勝回数を決める

「3連勝したらリセット」「4連勝したらリセット」など、どこで利益を確定するかは自分で決定します。

③初回のベッド額を決める

例:最初に1ドルをベッドした場合

1回目:1ドルベット

勝った場合→次回2ドルベット

2回目:2ドルベット

勝った場合→次回4ドルベット

3回目:4ドルベット

勝った場合→次回8ドルベット

このようにゲームで勝った場合に賭け金を倍に増やしていきます。

そして負けた場合は最初に賭けた1ドルに戻します。

これを繰り返していくだけなので、逆マーチンゲール法はとても簡単です。

roullet

逆マーチンゲール法:やめ時

逆マーチンゲール法で重要なのは、「どのタイミングで自分で賭け金リセットするか」という点です。

やめ時ですね。

逆マーチンゲール法の特性上、連勝すれば資金が倍•倍に増えていきますが、1回でも負けると勝ち金が0になります。

なので逆マーチンゲール法を使用する場合は、〇回勝ったら最初の賭け金に戻し、利益を確保するという対策を取ることをおすすめします。

これは「連勝できる確率」について知っておくと役に立つでしょう。

勝率50%のゲームで連勝できる確率は以下になります。

1勝→50%

2連勝→25%

3連勝→12.5%

4連勝→6.25%

5連勝→ 3.13%

6連勝→ 1.56%

7連勝→ 0.78%

8連勝→ 0.39%

9連勝→ 0.20%

10連勝→ 0.10%

3連勝~4連勝は普通にあり得る確率ですので、ここら辺を目安にして利益を確した方がいいでしょう。

ちなみに10連勝する確率は1/1000です。

つまり10連勝をやめ時にすると、999回は失敗するということになります。

また3連勝することはよくある確率ですが、3連敗する確率も同じなので注意が必要です。

確率に関してはルーレットの赤or黒、奇数or偶数といった過去の結果に影響を受けない『独立事象』のゲームやブラックジャックやバカラなどカードの出方やシューに残っているカードによって確率が変わるものもあります。

いずれにしても、あくまでも「確率」であり、確実のバロメーターにならないことはしっかりと理解しておきましょう。

また、ゲームの流れや場の空気を読むことも大事です。良い流れの時に逆マーチンゲール法を使えば、勝ち金を大きく増やせます。

逆マーチンゲール法:メリット

casino

逆マーチンゲール法の1番メリットは「少ない資金でも大きく勝つ事が出来る」ことです。

例えば10ドルからスタートして、うまく4連勝した場合、勝利金は160ドルまで増やすことができます。

連勝しているタイミングでゲームをやめると大勝の可能性がありますので、少ない軍資金や負けている時に一発逆転を狙うときに、使うといいかもしれません。

 また、4連勝で10ドルから160ドルの16倍になるスピードも魅力的で、瞬間的に資金を増やしたいと思ってる人にも逆マーチンゲール法はオススメだと言えます。

逆マーチンゲール法:デメリット

逆マーチンゲール法の最大のデメリットは、どれだけ連勝が続き、大金を手に入れていたとしても、一回でも負けてしまえば、今まで稼いだ勝利金がすべてなくなることです。

ギャンブルなので勝ち続けることはありません。

どこかで必ず負けます。

確率的に考えると、勝てば勝つほど期待値は下がるものです。

実際には逆マーチンゲール法を使って負けても、失うのは最初にベットした額だけですが、連勝して貯めた自分の勝利金を一瞬で失うことは、気持ち的に良くありません。

もう一点が「最初に大金を賭けなくては大金を得られない」ということです。

逆マーチンゲール法は1ドルという少額からでも使えます。

しかし1ドルから始めて3連勝したとしても、8ドルにしかなりません。

1ドルが100ドルに増えるには、8連勝しなければなりません。

確率的は0.39%ですので、極めて低いです。

高額な配当金を手に入れたい場合は、プレイヤーも最初に高額なチップをベットしなくてはなりません。

しかし、高額なベットをすると、ゲームに負けたときのプレイヤーへの損失も大きくなることを意味します。

ギャンブルの攻略法全てに言えることですが、ハイリターンを求める場合は、ハイリスクを負わなければならないのです。

今回は逆マーチンゲール法について解説しました。

初心者でも簡単に実践できる攻略法でありますが、肝心の「やめ時」を見極めるには、キャリアが必要になるかもしれません。

少額でプレイしたい人から一気に稼ぎたい人まで活用

できますので、困った時は逆マーチンゲール法を試してみましょう!

roullet

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *